コーヒーの美味しさ・水選び

水
  • share : 
  • instagram最新情報をお届けします。
  • facebook
  • LINE official account お問い合わせ・ご注文にも便利です。

コーヒーを淹れるとき必要なものは、コーヒーの粉と水、たったそれだけです。適切に焙煎された良質なコーヒー豆をグラインドしたら、コーヒー粉を器具にセットするだけです。

 

巷には、さまざまなコーヒー解説本があり、コーヒー豆のこと、抽出器具・方法については広くフォーカスされていますが「水」に関しての解説はほとんど見かけません。今回の記事では、見落とされがちだけど非常に重要な「水」にフォーカスしてみたいと思います。

 

コーヒーの98~99%が水

皆さん知っていましたか?

 

実はコーヒーの成分はカップ一杯のコーヒーの中にたった1~2%しか含まれていません。コーヒーの濃さは抽出いかんで多少変化しても前後1%程度しか変わらないです。濃いコーヒー代表のエスプレッソでも10%前後なのです。

 

水の違い・硬水~軟水

水に硬水と軟水があるのはご存知だと思います。どういう分け方をしているかというと、水中の『ミネラル分(マグネシウム・カルシウム)』の量で分かれています。

 

WHOによると、1リットル中120mg以上ミネラル分を含む水を硬水、それ以下を軟水と定義しています。ヨーロッパの水は硬水が多いし、日本の水は軟水です。ちなみに、日本の水道水は約50~60mgです。

 

硬度の違いはどこからくる?

日本は河川の海までの長さが短く、流れも速いため、ミネラル分が少ない水になります。逆に、ヨーロッパや北米は、河川の海までの長さが非常に長く、流れが緩やかなため、土壌にじっくりとしみ込んでいくことから、ミネラル分の多い軟水になります。

 

硬水、軟水どっちがいい?

硬度が高い水は、水中に多くのミネラル分が溶け込んでいる状態です。水中に多くのミネラル分が溶け込んでいると、コーヒーの成分が溶け込みづらくなります。

 

さらに、ミネラル分が多いと人によっては苦味を感じることがあります。また、ミネラル分の中のマグネシウムは胃腸障害を引き起こしやすいことがあるので注意が必要です。以上のポイントを踏まえると、軟水の方がコーヒーの抽出に向いているといえます。

 

同じ理由で、和食を作るときに欠かせない、「出汁(だし)」も軟水の方が優れています。ミネラル分が少ない分、口当たりもまろやかで、成分の抽出がスムーズに行えるため風味もよく最適です。

 

軟水なら何でもいい?

軟水の代表といえる「湧き水」。山の麓で汲んできたような湧き水でコーヒーを点てると、何ともいえないまろやかさがあり、とても美味しいです。

 

前述からお伝えしているように、軟水はミネラル分の量が少ないため口当たりはなめらかで、柔らかな味わいになる傾向があります。

 

しかし、一つ注意が必要です。ここまで記事を読んでくれた方はミネラル分が悪しきものという風に思ってしまったかと思いますが実は良い一面もあります。

 

ミネラル分の良い面

カルシウムはコーヒーの成分の抽出をサポートする役目を持っています。適度なカルシウムは成分抽出を助けてくれるので、その力を上手に活かしましょう。

 

また、マグネシウムは、酸味成分の抽出を助ける働きがあります。キレのいいスッキリとした酸味が欲しい時にはその能力を有効活用しましょう。

 

まとめ

軟水であればあるほどいいのかというと、ミネラル分の良い働きもあるため一概にはいえませんが、基本的に日本の水道水はカルキをしっかり沸騰させて飛ばせば、コーヒーの抽出に向いているといえます。

 

筆者個人の経験からいうと、水道水より少し硬度の低いミネラルウォーター(天然水的な)がいいと思います。そして、仮に同じ硬度だったとしても、カルシウムとマグネシウムの比率はその水ごとに違ってくるので自分の好みに合った銘柄を探すことが重要になってくると思います。

 

好みのコーヒー豆を見つけたら、いろんな水で抽出してみて、理想の味探しを楽しんでみてくださいね。

 

BON COFFEE’s Master

BON COFFEE’s Master

静岡大学卒業後、2009年に地元福井駅前にて「BONCOFFEE」を、2015年に豆販売に主軸をおいた2号店「BONCOFFEE -BEANS STORE-」を開業。2020年、福井駅前再開発事業にともないビーンズ店を板垣に移転し現在に至る。モットーは「1杯のコーヒーのチカラで世界を少しまったりさせる」。作り続けたいコーヒーは、子供からお年寄りまで誰もが気軽に楽しめるコーヒー。コーヒーが飲めなかった人がBONCOFFEEのコーヒーなら飲めた、ブラックで飲めなかった人が飲めるようになったとの声多数。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

お問い合わせはこちら

CONTACT

ネットショップはこちら

ONLINE STORE