美味しいエスプレッソ・アレンジメニュー

エスプレッソ
  • share : 
  • instagram最新情報をお届けします。
  • facebook
  • LINE official account お問い合わせ・ご注文にも便利です。

美味しいエスプレッソが淹れられるようになったら、次にしたいのがバリエーション豊富な、エスプレッソを使ったアレンジメニューですよね。

 

今回の記事では、基本的なものから少し聞きなれないようなものまで、いろいろとご紹介していきたいと思います。

 

エスプレッソそのものをアレンジ

単にエスプレッソといっても、世界ではさまざまなレシピに分類して楽しんでいます。

このダイアログではエスプレッソの種別をご紹介していきます。 

エスプレッソ・W(ダブル=ドッピオ)

ダブルショットのエスプレッソ。ポルタフィルターはダブル用を使い、ソロの倍量(約60ml)を抽出します。抽出時間はソロと同じようになるように、粉の量で調整します。思うようにいかないときはグラインドメッシュを少しいじってみても良いですが、一度決めたメッシュはあまり触らない方がおすすめです。

 

エスプレッソ・リストレット

通常のワンショットを半分の量でストップするメニュー。ただでさえ濃厚なエスプレッソをさらに特濃にして楽しみたい人向け。抽出開始から豆に余裕がある段階でストップするため、エキスの塊を味わえます。

 

エスプレッソ・ルンゴ

今度は逆に、エスプレッソを薄めたメニュー。通常量の1.5倍を目安に好みの濃さを探してみてください。1.5倍の場合は、通常と抽出は同じ目標量までスイッチを切らずに抽出しましょう。2倍以上に薄めたいときは次項、「アメリカーノ」をどうぞ。

 

アメリカーノ

ワンショットを2倍から4倍に水またはお湯で薄めたメニュー。30mlのエスプレッソなら60~120mlの範囲でお好みの濃さをみつけてください。ハンドドリップとは違うコーヒーの香り、風味を味わえます。

 

また、氷をたっぷりいれたグラスにエスプレッソと水を入れたアイス・アメリカーノも美味しいのでお試しあれ。分量はホットもアイスも同様です。

 

コレット

蒸留酒をいれたエスプレッソ。世界では、いろんなお酒をいれて飲むひとたちがいて、正解はないですが、イタリアではコニャックをいれ、北欧ではラム酒をいれることが多いようです。あなただけのマッチングを探して楽しんでください。

 

おすすめは、ヘーゼルナッツのリキュール。ヘーゼルナッツとコーヒーの相性は抜群で、風味豊かでリッチな味わいを満喫できます。

 

アロマ

コレットのお酒の部分をフレーバーシロップに変えたメニュー。バニラやノンアルラムなど、様々なフレーバーと楽しめます。

 

スチームミルクを使ってアレンジ

エスプレッソといえば、ラテやカプチーノなど、ミルクを使ったアレンジメニューがたくさんありますし、ミルク以外のメニューも山ほどあります。

このダイアログでは、ほんの少しですが代表的なアレンジメニューをご紹介してみたいと思います。 

マッキャート

エスプレッソに同量のスチームミルクを注いだもの。マッキャートはイタリア語で「染みの付いた」という意味。エスプレッソにほのかにミルクの白を落とすイメージ。

 

コンパンナ

エスプレッソにグラニュー糖をソロなら2杯、ダブルは4杯いれしっかり甘くしたところに、ホイップクリームを浮かべて最後にココアを散らします。ホイップは甘さを控えめにするとより一体感が増して良いです。

 

カフェ・マロッキーノ

砕いた板チョコや、チョコチップなどカップにいれ、ホイップクリーム、エスプレッソの順にのせかけて、最後にココアパウダーを散らしたメニュー。スプーンでザクザクしながらすくって食べます。他にも、シリアルをいれてもいいし、いろんな楽しみ方をみつけてくださいね。

 

アフォガート

イタリア語で「溺れた」を意味する言葉。作り方は簡単で、お気に入りのアイスにエスプレッソをかけるだけ。エスプレッソとアイスのマリアージュは、単純だけどたまらない美味しさ。いろんな味のアイスで楽しんだり、ナッツを振りかけたりなど、味変もおおいに楽しんでください。

 

まとめ

今回はエスプレッソのいろんなアレンジメニューをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。すぐにできるものばかりをご紹介してみました。さっそくマシーンの電源をいれてあれこれやってみてくださいね。

 

BON COFFEE’s Master

BON COFFEE’s Master

静岡大学卒業後、2009年に地元福井駅前にて「BONCOFFEE」を、2015年に豆販売に主軸をおいた2号店「BONCOFFEE -BEANS STORE-」を開業。2020年、福井駅前再開発事業にともないビーンズ店を板垣に移転し現在に至る。モットーは「1杯のコーヒーのチカラで世界を少しまったりさせる」。作り続けたいコーヒーは、子供からお年寄りまで誰もが気軽に楽しめるコーヒー。コーヒーが飲めなかった人がBONCOFFEEのコーヒーなら飲めた、ブラックで飲めなかった人が飲めるようになったとの声多数。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

お問い合わせはこちら

CONTACT

ネットショップはこちら

ONLINE STORE